記事一覧

56グランドセイコーのレストア(完結編)

---良い子は、絶対にマネしないように。ケースへの組込はエージング後に---効率を重視する本業(時計修理業者)の方は絶対にやらない手順なのですが、私の場合自己責任ですのでいきなりケースに組んでしまいます。ビフォアーアフター あ、左右逆になってます・・・ビフォアーアフター (歩度調整は一切していません。組んだだけの直後です。)おお!さすがGS!パーツ洗浄と給油だけで振り角は戻り、遅れもゼロです!実は今回紹介...

続きを読む

56グランドセイコーのレストア(組立編:その2)

アンクルを取り付けたら後はテンプを乗っけるだけなのですが、56系はその前にやっておく事があります。56に慣れすぎてテクニカルガイドを見ないで作業していると、私も時々忘れてしましいます・・・秒針規制レバー用のバネの取付です。割とよく忘れるので、このバネはテンプといっしょにケースに収納する様にしています。バネを飛ばして無くさないように注意しながら組み付けます。リューズを2段引きし、秒針規制モードにしてから...

続きを読む

56グランドセイコーのレストア(組立編:その1)

パーツを洗浄、乾燥させたら組立に入ります。輪列などは超音波洗浄で綺麗になります(ライスペーパーの上で乾燥させます)汚れの多い地板などは、まず機械用のパーツクリナーで下洗い下後にベンジンで筆洗い。超音波洗浄機を使ってでリンスします。注油してダイヤショックを組み付けます。ちなみに56のカレンダー側には保油装置(ダイヤフィクス)はGSですらありません。巻き芯まわりの注油ポイントにメービスD5を給油しながら組み...

続きを読む

56グランドセイコーのレストア(ケース編)

ムーブメントの組み立て前に、ケースの洗浄・研磨と風防の交換を先に済ませておきます。今回のケースはCラインの#7000。定番の#7010ケースはハードレックスガラスですが、このモデルはプラ風防です。とりあえずムーブメントを外した状態。プラ風防はキズだらけです。ここまでキズが深いと研磨では取り除けませんし、エッジ部が無くなっています。写真では分かり辛いのですが黄色っぽく変色しています。まあ50年前のモノですから...

続きを読む

56グランドセイコーのレストア(分解編:その2)

裏返して輪列側の分解に入ります。56LMとは6振動と8振動の違いがありますので、脱進機関連の香箱(含む主ゼンマイ)が異なります。時々パーツを混在させたものがありますが、当然ですが正確に時を刻むことはできません(無茶苦茶な作動になります)「OH歴不明で、精度保証できません」とだけシレッと説明してあります。最初にテンプを外しておきます。ヒゲゼンマイの偏りが無いことを確認します。私は裏返して置いておく派です。...

続きを読む

56グランドセイコーのレストア(分解編:その1)

---前回までのおさらい---経済力のある若人やエグゼクティブはロレックスや高級スマートウオッチをバシバシ買って下さい!私も微力ながら日本経済に大いに貢献したいのですが、個人の可処分所得の低いオジサンはそうもいきません。最近フリースプラングテンプが気になるのでCal.1570のノンデイトモデルが欲しいのですが・・・職場の若い衆が皆ロレックスさんなので、ここはセイコーの最高機種”グランドセイコー”で対抗することにし...

続きを読む

いきなりロレックス

ネタを引っ張るつもりは無かったのですが、社内でロレックスさんが増殖しておりました・・・スーツでも常に真っ赤なGショックという、TPOに無頓着な人間でした。何かポリシーがあるかと思っていたのですが、単に時計に興味が無いだけだそうで。「いきなり、どないしたん?」と声をかけると「お客様から直接注意されたので・・・」「なんて言われたん?」「場をわきまえて、もっと良い時計をしろ。でないと、無神経な人間に見えて損...

続きを読む

いつかはロレックス(?)

私が勤務している会社は、世間ではブローカーと呼ばれています。商売を成立させて、契約額に対する規定の割合(2%とか)を口銭として払ってもらうスキームです。ですので社員の大半は営業職です。営業職ですから、お客様を不快にさせてはいけません。ドレスコードが厳し目の理由はそのためです。クールビズでもポロシャツは駄目です。シャツもパンツの外に出していてはいけません。とはいえ、一部の中学校や高校の校則のように事細...

続きを読む

SKX007 10年目の真実(その5)

SKX007を分解したまま放置するわけにもいかないので、組み立てます。外装は研磨、ガラスとベゼルインサートは交換します。カスタムで遊んでいるので、取り外した純正部品は余っていますから。まずケース研磨から。あそこまで傷だらけだと、ステンレス磨きをつけた布で擦ったくらいではきれいになりません。木片で研磨後に青棒で仕上げます(文字の映り込みをご覧下さい)傷だらけのインサートを取り外し、別の時計のカスタムの際に...

続きを読む

SKX007 10年目の真実(その4)

---前回の続き---ただし計測器を使ってチェックすると、明らかに潤滑油が切れており、今後精度が悪化することが予想されます。しれっと書きましたが、本当に潤滑油が切れているのでしょうか?そもそも、振り角って何度なら正常なのでしょう?振り角が落ちるのは、ホントに潤滑油のせいなの?突然ですが、委託販売で有名が某店では、販売価格が4万円を超える設定をすると強制的にコンディションチェックを受けさせられます。販売が...

続きを読む