記事一覧

オレンジ色の憎いやつ

このタイトルにピンときたら立派なオッサンです。今でも夕刊フジのTVCMやっているのでしょうか?

さて、終活でジャンク品やパーツ類をかなり出品したのですが、幸いなことに大半のものが落札されました。全国のマニアの方々の役に立てれば幸いです・・・
で、1品あたりの金額は小額なのですが落札総数がそこそこでしたので、合計金額は小金になりました。
お安いセイコーBoyなら1本いけます!
断捨離といっておきながら小金が入ると時計を買ってしまうのは我が身が呪われているからでしょうか?(きっと古時計の妖精にかけられた呪いです)

腕時計ブロクランキングのトップに君臨される方が、最近オレンジ文字盤の記事を頻繁にUpされています。ですので、私もオレンジ文字盤の時計を買ってしまいました(人のせいにしてます・・・)

Ref. No. SKX011 通称オレンジボーイ。
DSC08470.jpg

時針と分針が金メッキ、インサートは黒と金です。
正直、老眼には見づらい色使い・・・
オレンジモンスターやオレンジサムライは時針と分針も黒塗りで、コントラストがハッキリしているのですが。
写真では判りづらいのですが白インデックスにベースのオレンジ色が透けていてます。肉眼ではピンク色っぽく見えます・・・
このモデルは石数(21 Jewels)記載ありますね。
DSC08471.jpg

もう一つの特徴はオレンジボーイだけMade in Japan。曜日車は英語とアラビア語です・・・これのKモデルって無いのかな?
DSC08474.jpg

こちらはSKX009Kモデル。Made in Japanの表記は無く、曜日車は英語とスペイン語。
同じKモデルでも、例えば3rdだと英語と中国向け(ローマ数字+□)といういパターンもあり。
DSC08476.jpg

ステンレスブレス仕様は無く、ウレタンベルト限定のようです。私は硬いウレタンが苦手なので手持ちの3rd用のシリコンベルトに交換しました(右側が純正ウレタンベルト)シリコンベルトはソフトですし、加水分解もありません。
DSC08477.jpg

よくJモデルとKモデルの精度(歩度)について議論がかわされることがあります・・・個人持ちで比較すると、対象となる個体が少なすぎて”あたり/はずれ、製造公差の範囲内で、誤差が小さい/大きいの違い”はよくわかりません。

実際のところ、歩度調整をグラファーを見ながら自分で調整するようになると気にならなくなります。

いわゆるハズレの個体でも、グラファーで見ると歩度はテクニカルマニュアルの既定値から外れていることは稀です。
逆に「精度バッチリ」でも、グラファーチェックすると片振りが大きかったりしてガッカリします。

ユーザー(特に日本人)は期待精度が厳しすぎるんでしょうね。Amazonのレビュー見てると、装着日差-4秒で精度が悪いとコメントされている方がいらっしゃいます。セイコーにしてみれば、「それだったら歩度証明のあるGS買って下さい」というところでしょうね。

↓参加しておりますので、よろしければ投票してください。
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

時計ランキング





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント